特定非営利活動法人 建設政策研究所

事業概要 所在地・連絡先 定期総会議事内容 定款 (PDF)
建設政策研究所は、災害・環境破壊を起こさせない国土作り、快適な国民生活に必要な社会資本の建設、建設産業界の民主化、建設労働者の労働条件の改善と社会的地位の向上などの立場から、建設産業、公共事業、建設労働、建設行政、および関連領域などに関する調査・研究を行い、国民と労働者の生活向上に貢献することを目的として活動しています。

理事長挨拶

建設政策研究所
理事長 浅見 和彦


 建設政策研究所は、1989年11月に設立され、2004年には特定非営利活動法人(NPO法人)へ移行しました。また、研究所には、関西支所(1995年設立)と北海道センター(1998年設立)もあります。

 研究所の目的は、災害・環境破壊を起こさない国土づくり、快適な国民生活に求められる社会資本の建設、建設産業の民主的な改革、建設労働者の労働条件の改善、中小建設企業の経営安定と社会的地位の向上をめざして、建設産業、公共事業、建設労働、行政などに関する調査・研究を推し進めることにあります。

 その事業として、委託調査・共同研究会を通じた調査活動、情勢の変化に応じた見解・提言の発表、隔月誌『建設政策』の発行、情報提供の活動、地方議員研修会の開催などをおこなってきております。

 また、会員は、団体会員(労働組合など)と個人会員で構成されておりますので、研究所の目的にご賛同いただける皆さまのご入会をお願い致します。会員とならずに、『建設政策』の定期購読をしていただくことができますし、企業の皆さまには賛助会員としてのご協力をお願いしております。

 設立から四半世紀を経た2014年12月より、理事長に就任しました。研究所とその事業のますますの発展のため、市村昌利専務理事をはじめとした理事の方々、会員の皆さまとともに、またその先頭に立って努力したいと思います。研究所へのご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。